第3話 「立志」

 

弟子の一人が陽明先生に質問した、

 

ー先生、教えて欲しいのです、

 どうすれば志は立てられるでしょうか?

 

陽明は、請願する若者に、

微笑みながら語り始めた、

 

ーまず、大それた夢や大きなビジョンを、

 掲げようと意気込む必要はない、

 

 そう考えるから難しくなるねん。

 

 ええか、目の前にある出来事に、

 自分は人としてどうあるべきか、

 まずは、それを考えてみるねん。

 

 例えば、ある雨の日、

 小さな女の子が傘もささず、

 びしょ濡れで立っていたとする。

 

 すると、君はどんなことを思う? 

 

 おそらくは、

 親御さんは近くにおらんのかな?

 大丈夫かな?

   オレにできることはないかな?

 

 そんなことを思うやろ?

 

 その女の子に対して、実際に、

 何か行動を起こすかどうかは、

 別として、

 

 ともかく、人として考えたとき、

 何かをしたほうが良いとは、

 知っているやろ?

 

    困っている人、弱き者を見たら、

    何かしてあげたいと思う。

    これを仁の心というんや。

 

    そして、

 行動できるかどうかは、別として、

 人として何をすべきかは、

   教えられずともちゃんと知っている。

    

    それを「良知」というんや。

 そして、人には、等しくみな、

 必ず良知が働いている。

 

 この良知の働きは天理なんや。

 

 天理というより、

 大自然の摂理とか、宇宙の法則って、

 表現した方がわかりやすいかもしれんな。

 

 とにかく、この良知は、

 人間という生き物すべて初めから、

 備わっている機能なんや。 

 

  志を立てようと思うなら、今の今、

 日々、目の前に起こる出来事に対して、

 良知で何をすべきかを考えてみることや。



 すると、ちゃんと自分にも、

 良知が働いていると、

 だんだん、確信できてくるはずや。

 

 そう、オレの中にも間違いなく、

 天理は働いていると、

 そう確信を持てるはずだ。

 

 そして、その天理に従って、

 日々、行動していくことだ。

 

 そうして、良知に従い、

 目の前の課題を解決すれば、

 そのまた先に新たな課題が見つかる。

 そして、その課題を解決すれば、

 また新たな課題が見つかる。

 

 そうやっていくうち、

 心の中に自分を突き動かす思いが

 確固たるものになってくる。



 オレが本当にやりたいこと、

 理想とするものをこういうものやと、

 確信できるようになる。

 

 その確固たるものが、

 志というものや。

 先人たちもそうやって、

 志を立ててきたんや。

 

 エエか、まずは目の前のことを、

 良知でむきあい、行動すること、

 

 悩むことはない、そうしていけば、

 いつの間にか志は立ってるはずや。

 



 メモ

 ちなみ良知のことを英語では、

 [con-science]と書く。

 

 [con]は共通するという意味で、

 [science]は科学という意味。

 

 良知とは、

 万人共通する科学(メカニズム)、

 そのよう訳しても良いかもしれない。