中国の明の時代の軍人、王陽明は、

儒学(朱子学)、仏教や道教などの

東洋の哲学に広く精通していた。

 

それらの東洋哲学を自分なりにまとめて、

慕ってくる後輩、部下、弟子たちに、

教え説いた人であった。

 

陽明のおじいちゃんは地元の名士、

お父さんは科挙をトップで合格した人。

そのような、いわば超エリート家庭で、

陽明は色々と思い悩みながら大人になる。

 

「俺は一体何のために生まれてきたんだ」と、

 尾崎豊のように自分を哲学し、

   ときにはグレた。

 

自分は何者かを探し求め、

当時の自己啓発本を片っ端から読んだ。

 

当時の自己啓発とは、

仏教であったり、道教であったり、

禅、朱子学であった。

 

陽明はこれらを咀嚼し、

自分なりの解釈を持つようになる。

 

彼の解釈は「わかりやすい!」と、

多くの人の共感を得るようになっていく。

 

陽明の説くわかりやすい哲学は、

「東洋思想の結晶」だとか

「東洋思想の華」と呼ばれるようになる。

 

それが日本に上陸するのは

陽明の死後、ずいぶん経った17世紀のこと。

 

江戸期の日本で、

彼の哲学は大流行し

日本人の道徳観の一部となっていく。

 

当時は「陽明学」という言葉は無く

単に「心学」と呼ばれていた。

 

そして明治時代になり、陽明の説いた心学は、

「陽明学」と呼ばれるようになった。

 

明治維新後、西洋文明をしゃかりきに

取り入れようとしていた時代、

 

日本的な良さが失われるのではないかという

不安感・危機感が生まれていた。

 

そんな危機感を持った人たちが、

少し前の日本人がもった美徳・道徳が

失われないようにと、

「心学」と呼ばれた哲学に

「陽明学」というラベリングをしたのだ。 


陽明学とは、簡単に言えば、

王陽明が解説した儒学と、

仏教、道教等の東洋哲学をミックスしたもの。

そう言えるかもしれない。


 

ちなみに「陽明学」は、

「朱子学」と対比して語られることが多い。

 

「朱子学」と全く反対の概念のように

思われそうだが、そうではない。


現代の陽明学の権威、難波征男教授は言う。

 

「朱子学は、陽明が生まれる500年前に

  儒学を体系化して生まれた学問。

  陽明は、

  もっとも熱心に朱子学を学んだ人の一人。

  陽明は、当時の朱子学が形骸化されていると

  鋭く批判をし、そして、

  新たな解釈を持ち込みました。

  つまり、朱子学を否定したのではない。


  朱子学がなかったら、

  陽明学は生まれなかったと言えるでしょう。」

 

王陽明の儒学の解釈は、

弟子の銭徳洪によってまとめられる。

 

それが「伝習録」だ。

 

「伝習録」は、17世紀の日本に持ち込まれた。

 

歴史の妙がここにある。

 

この頃日本は、江戸時代が始まったころ、

平和が300年近く続く、穏やかなな環境の中、

陽明の哲学は、成熟進化を遂げていく。

 

江戸の初期、その哲学は、

近江国の一人の誠実な若者の手に渡った。

 

若者の名は、中江藤樹。

 

内村鑑三が著書「代表的日本人」で

最初に取り上げる人物である。

 

藤樹は、伝習録を

貪るように読んだに違いない。

 

没頭するあまり

布団の中に本を持ち込んだまま眠り

夜中にムクリと起きては、

また本を開いてみる。

 

のちに陽明学に引き込まれた若者たちが、

皆そうなったように彼も夢中になった。


彼は、その教えを人に伝えることに

生涯を捧げた。

 

その彼が教えを説いた地域、近江は、

商人の町であった。


そして、同地には、

陽明学と親和性のある、

浄土真宗が深く根付いていた。

 

江戸時代は、武士の時代のようで、

武士はその間ずっと貧しかった。

 

江戸幕府ができてからすぐ、

武士の生活を支えた農村経済が、

衰退・変質していく。

 

その下降線と反比例するように、

商業経済が発展し、

豊かな商人が勃興していった。

 

その商人の聖地が近江であった。


中江藤樹という道徳的なバックボーンを

手に入れた近江。

 

近江は江戸期の日本の中で、

豊かでもっとも道徳教育が、

行き届いた地域となる。

 

江戸後期から明治以降に至っても、

中江藤樹が暮らした現高島市の出身者を、

都会の大店は争うように社員として、

リクルートしようとした。

 

ちなみに百貨店の高島屋は、

高島市の高島が名前の由来である


 

陽明学は、大店たちが出資した学校、

「懐徳堂」でも教えられる。

 

江戸後期、懐徳堂で学んだのが、

昌平坂学問所総長佐藤一斎であった。

 

昌平坂学問所総長とは、

今でいう、東京大学の総長である。

 

この佐藤一斎塾の塾頭が、佐久間象山、

その下にいたのが、

吉田松陰であり、勝海舟である。

 

佐藤一斎と直接面識はないが、

西郷隆盛は、

佐藤一斎に私淑しているといって、

はばからない。


維新の登場人物の多くは、

心学の徒であった。

 

一方、幕府の最後の老中にして、

大政奉還を企画、実現した板倉勝静の参謀が、

佐藤一斎塾、塾等の山田方谷であった。

 

そして、

その方谷の弟子の三島中洲は、

大正天皇の先生であり、


この三島中洲の親友であり、

ともに一橋大学を立てたのが、

日本資本主義の父、渋沢栄一である。

 

時代は少し進み、

昭和最大の陽明学者 安岡正篤は、

歴代首相のブレーンと呼ばれ、

玉音放送の文案を作ったのも彼であり、

「平成」の元号の発案も安岡だと言われる。

   

 

☞メモ

 

それほどまでに日本人の思想の一部となった、

陽明学・心学が、

どうして現代の我々の目に触れないのか。

 

古本屋で、

戦前の教育関係の専門書を開いてみると、

そこには、「知行合一」「致良知」等、

戦後の私たちには普通ではない、

陽明学の言葉が普通に出てくる。

 

戦前の道徳教育の教科書には、

中江藤樹の高弟、熊沢蕃山が紹介されている。

 

戦後、陽明学は

軍国主義と一緒に、

いや、巻き添えをくらい葬られた。

 

形あるものは焼かれ、形なき言葉や思想は、

暗い思い出したくない思い出とともに、

人々の心の奥にしまわれた。

 

大阪大学名誉教授にして、

経済学者 森嶋通夫はいう、

江戸期の心学等々によって育まれた、

日本人の属性(アイデンティティ)が、

今の日本の経済的成功の、

大きな要因の一つとなっているという。